ブランド財布の選択方法

        

        

ブランド品の財布を購入したいと考えている人は多いでしょうが、ブランドの選択に迷っている人もまた多いはずです。

日本で購入できるブランド品は沢山ありますから、その中から自分に合った財布を選ぶのは至難の業です。

しかし一部の人はあまり迷わずに選んでいるように思われます。彼らはどのような基準で自分の財布を見つけているのでしょうか。

ここでは3つの目的に則してご説明することにします。

1つ目は、金運、風水の面で優れた財布を見つけることです。

財布は洋服のように毎日取り換えながら身に付けるものではありません。毎日同じ財布をポケットやバッグに入れることになります。

ですから風水等に興味のある人は、自分に運が向かう財布を選びたくなるのは当然のことです。

特に悪運が続いていると感じる人は、財布だけでも新調して気分を変えたくなるはずです。もちろん元々風水に興味の無かった人であっても、結果的に金運を重視して選択することがあります。

例えば、財布を失くしてしまったり、財布が壊れてしまったりすると、もう少し長く使える財布を購入しようと考えます。

今までブランド品を使っていなかった人が丈夫さを求めてブランド品を選択する時、ふと風水のことが頭をよぎり、選択基準にすることも珍しくないのです。風水は深く理解しようとすれば時間が掛かりますが、財布を選ぶ際の参考にする程度であれば、初心者でも簡単に習得することが出来ます。財布は当たり前ですが、お金を入れて持ち運ぶためのツールです。

金運を求めてお札の入れ方を気にする人がいる一方、どの財布を使用するべきか、きちんと選んで購入する人がいます。

例えば蛇革の財布を選択するのもその1例です。

蛇は非常に生命力のある生き物で、平均寿命はそれほど長くないものの、脱皮等で力強さを発揮します。日本では古くから蛇のそうした性質を理解し、弁財天の使いとして奉られてきました。

     

財布のメンテナンスに使用する道具

      

大事な財布を購入した後は、メンテナンスを定期的に行い続けることが大切です。もちろん革の財布はそれなりに長持ちしますが、お手入れすればさらに使い続けられるのです。お手入れといっても特別な道具は必要としません。

ブラシ、クリーム、ウエスを準備すれば十分です。

ブラシは出来れば革に合ったものを選びましょう。お勧めするのは馬毛ブラシです。馬毛ブラシは革に対して適度な摩擦を起こすことのできるブラシで、密度が高いのが特徴です。入手はそれほど難しくなく、革靴の販売店でも見かけることがあります。

クリームも革用の製品を選ぶようにしましょう。馬毛ブラシを探す過程で専用クリームを見つけられるはずです。オイルの種類によって匂いが異なりますから、作業に支障のないものを選びます。シュプリームクリームというものがあるのですが、このクリームは余計な添加物が入っておらず、革に優しいことで知られています。

それに対してミンクオイルなどは革に影響を及ぼす可能性がある成分が含まれています。ウエスについては水拭き用と乾拭き用の2枚を用意すると良いでしょう。革用のウエスも売られていますが、コストを抑えたい人は100円ショップ等でマイクロファイバーのタオルを代用するのも悪くありません。

マイクロファイバーのタオルは革を傷つけない優れた生地で出来ていますが、使い捨てられるくらい安いので大変便利です。もちろん洗えば長く使うことも出来ます。さて、メンテナンスは数か月に1度行うのが理想ですが、半年に1度でも十分な効果があります。たまに手入れをする時は緊張するものですが、水拭きとクリームの取り扱いにさえ気を遣えば、後は初心者でも難なくこなせるはずです。

どうしても独力で出来ない時は、革製品を扱うお店のスタッフに相談するのも選択肢でしょう。実はプロの間でも手入れ方法に差があるのが実情です。