エキゾチックレザーの色々

世の中には様々な革製品が存在しますが、その中には牛や豚以外の動物の皮革を材料として作られた製品が存在します。

これらは一般にエキゾチックレザーと呼ばれ、そのほとんどが高級品として流通しています。例えばサメ革は珍しく、触れたことの無い人も多い皮革の一つです。サメ革の特徴はその強度にあり、丈夫な商品であることをアピールするのに最適な皮革として重宝されています。

但し滑らかな質感を期待できる革製品ではありませんし、他の皮革に比べて経年劣化が激しいと言われています。そのため劣化しにくいワニ革や蛇革と比べて特に高価であるわけではありませんが、サメ革はサメの捕獲を前提としていますから、業界では希少な皮革として認知されています。

流通量が少ないということは加工できる企業も少ないということです。

サメ革と同様、あまり見かけない皮革として象革も挙げることが出来ます。

高級な財布に使われることがあるのですが、象革の製品は入手するのが困難です。サメ革のように耐久性の高さを誇る象革ですが、実は独特の質感で一部の愛好家を惹きつけている皮革でもあります。

しっとりした質感は他の皮革には出せない魅力で、使用すればするほど表面の艶が増します。サメ革や象革よりも珍しいエキゾチックレザーと言えば、エイ革やカンガルー革、ダチョウ革を挙げることが出来るでしょう。

エイ革はスティングレイと呼ばれており、ブランド品に用いられることも多い高級皮革です。丈夫であるのはもちろんのこと、その美しい模様が革製品を引き立てます。

特に白い斑点は真珠のようだとも評されており、好きな人は収集に走るほどです。但し派手な模様であることから、TPOに応じた使い方が求められます。

カンガルー革は傷の多い皮革として避ける人も多いのですが、薄くても一定の強度を保つため、一部のファンが買い求めています。オーストラリア産の高級品であれば、傷もそれほど目立たないと言われていますから、興味のある人は探してみましょう。

NEW-なりたいを目指せ!メンズは財布でキメろ!-TOPへ