豚革の財布

革の財布を購入する時、多くの人はその財布が牛革で出来ていると考えるでしょうが、財布に限らず、革製品に使われる皮革には牛革以外の革も多分に含まれます。例えば俗にピッグスキンと呼ばれる豚革もその一つです。豚革の特徴はとにかく軽いことに尽きます。

一般に革製品は重いことが多いため、軽量の製品を買い求める人にとってはピッグスキンは選択肢の一つになるでしょう。またピッグスキンは毛穴が牛革などとは異なっており、通気性に富むのも特徴です。

軽くて通気性が良いという性質を活かして加工されることも多く、市場では様々な革製品に生まれ変わっています。ピッグスキンはこのような優れた特徴を有しているにもかかわらず、まだまだ認知度は低いと言えるかもしれません。

実は日本で安定的に生産できる数少ない皮革の一つなのですが、そうした事実も知る人はあまりいないでしょう。

海外では日本製のピッグスキンは非常に人気が高く、有名ブランドの革製品にも使われているほどです。

但しピッグスキンにも欠点があるため、用途によっては他の皮革を用いた方が無難です。例えば薄い皮革で牛革と同じくらいの強度を保つ革製品を作るためには、ピッグスキンよりもゴートスキンの方が向いています。

ゴートスキンはヤギの皮革であり、表面の凹凸が働いて摩耗し辛いという特徴があります。ですから頻用する財布などにはゴートスキンを使用するのが望ましいとされています。

NEW-なりたいを目指せ!メンズは財布でキメろ!-TOPへ