財布の形のメリットデメリット

財布と一口に言っても、多くの種類が存在します。

中でも消費者を悩ませるのが形状の違いではないでしょうか。

最も一般的な形状と言えば「二つ折り」の財布ですが、用途や個々の状況によっては他の形状の方が適していることもあります。

ここでは簡単にそれぞれの形状のメリット、デメリットをご説明したいと思います。財布の形状は大別すると5種類あります。

小銭入れ、コンパクト財布、長財布、二つ折り財布、札入れがそれです。

どの財布にもメリットとデメリットがあり、万能タイプの形状は残念ながら存在しません。

一つ目の小銭入れですが、どうしても小さなケースにお金を入れる必要がある時に重宝する財布です。「小銭」入れであっても無理にお札を入れることも出来ますから、日常生活で使い続けることも不自然ではありません。

特に鞄を持ち歩かない人、ポケットが小さい服を着ている人にとっては使い勝手の良い財布であり、小銭入れの市場はそれなりに大きなものになっています。

最近はキャッシュレス化も進んでいますから、大きな財布を持つ必要性はますます低くなり、小銭入れの活躍の幅は広がっていくことでしょう。

また日本人は小型化された商品を好む傾向にあり、時勢に関わらず日本人と小銭入れは相性の良い組み合わせなのかもしれません。

もちろん小銭入れにもデメリットはありますから、購入前に自分に適した財布なのかを確認しておく必要はあります。

小銭入れの最大のデメリットはキャパシティーの低さです。コインなら15枚程度で満杯になりますし、お札は折っても10枚くらいしか入れられません。また出し入れする口が小さいことから、金額の確認に手間取ることも少なくありません。

NEW-なりたいを目指せ!メンズは財布でキメろ!-TOPへ